阿武隈の美酒、美食提供 8日からフェア、テロワージュふくしま

 

 福島県の質の高い食材や料理、酒の魅力を発信しているテロワージュふくしま実行委員会は8日から、阿武隈高地をテーマにした食のイベント「テロワージュあぶくま 美酒と美食フェア」を開催する。いわき、福島両市などの飲食店8店で、川内村のそば粉、飯舘村のいいたて雪っ娘(こ)かぼちゃなどを使った料理を提供する。21日まで。

 阿武隈高地は冷涼な気候で、甘味のある野菜が収穫されるほか、最近はブランド羊の飼育、ホップの栽培、ワインの生産など新たな魅力が生まれている。

 フェアでは、せいろそば、小鍋などで阿武隈高地の食材の味と、県産酒との組み合わせを堪能できる。

 11日午後8時からはフェアにちなんだトークイベントも催す。料理人、酒蔵の関係者らが、フェアで提供される産品に込めた思いなどを語る。

 詳しくは実行委の公式サイト(https://terroage-fukushima.com/)に掲載している。

 同実行委は、ふくしまワイン広域連携協議会と福島民友新聞社で構成している。
 
 ◆フェア参加店

 HAGIフランス料理店、美味いもん屋わ多なべ、イル・カステッロ(いわき市)Aoyagi、大町おかめや、和肴ごとく(福島市)焼鳥よし田(須賀川市)蕎麦酒房天山(川内村)