横断歩道で74歳男性はねられ死亡 三春、過失致傷疑いで男逮捕

 

 8日午後6時25分ごろ、福島県三春町字雁木田の国道288号交差点で、歩行中の三春町字沼之倉、男性(74)がワゴン車にはねられた。男性は、全身を強く打ち約3時間後に死亡した。

 田村署は同日午後7時35分ごろ、自動車運転処罰法違反(過失致傷)の疑いで郡山市喜久田町、会社員の男(45)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は、ワゴン車で走行中、横断歩道を歩いていた男性をはねた疑い。同署が原因を調べている。