「蛇の御年始」家々を回る 会津美里、無病息災や五穀豊穣願う

 
「ウォー」という掛け声を上げながら地区を回る子どもたち

 会津美里町の雀林地区で100年以上続く伝統行事「蛇の御年始」は7日、同地区で行われた。子どもたちがわらで作った約5メートルの蛇を抱えて家々を回り、無病息災や五穀豊穣(ほうじょう)を願った。

 同地区が水不足に苦しんだ際に、水の神とされる大蛇をわらで編んで祭ったことが始まりとされる。町の重要無形民俗文化財に指定されている。

 地区の子どもたちが法用寺の仁王門に掲げてあった蛇を抱え、来訪を告げる「ウォー」という元気な掛け声を上げながら約70軒を訪問。蛇の口で住民の頭をかみ、1年間の幸福を願った。

 蛇は毎年、地区の大人によって雄と雌が交互に作られる。今年は雌の蛇を作り、仁王門に奉納した。

 行事に参加した高田小4年の江川璃空君(10)は「蛇が重くて大変だったが、達成感を味わえた」と笑顔を見せた。