縁起物に新型コロナ収束願う 福島稲荷神社でだんご市

 
色鮮やかな縁起物が並ぶ「だんご市」=福島市・福島稲荷神社

 福島市の福島稲荷神社で10日、小正月の縁起物を売る「だんご市」が始まり、家内安全や五穀豊穣(ほうじょう)を願う市民らでにぎわっている。16日まで。

 境内には縁起物などを販売する露店が軒を連ね、シダレヤナギの枝に色鮮やかなタイや小判、だるまなどを飾り付けた団子挿しなどが販売されている。

 毎年訪れるという福島市の川浪広次さん(76)は「今年はコロナ収束を願って神棚に供えます」と話した。