福島県内新型コロナ26人感染確認 クラスター新たに2人

 

 福島県は11日、県内で新たに26人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。10日に陽性と判明した。オミクロン株の感染者を含む9人の陽性が判明したクラスター(感染者集団)で新たに2人の感染が分かり、会合に参加した11人全員が陽性となった。県内の感染確認は延べ9686人。

 26人の内訳は郡山市7人、会津若松市、白河市、須賀川市が各3人、いわき市と県外が各2人、福島市、田村市、天栄村、西郷村、石川町、玉川村が各1人。感染経路不明は7人。

 10日時点の入院者数は重症1人を含む107人で、病床使用率は14.6%。16人が宿泊療養、14人が自宅療養しており、療養先調整中の16人を含めた療養者数は153人となった。10日までに3人が退院した。

 ■福島県内の新型コロナウイルス発生状況