県弁護士会長選、福島の紺野明弘氏が立候補へ 無投票当選の公算

 

 任期満了に伴う県弁護士会長選で、福島市の紺野明弘弁護士(46)が立候補の意思を固めたことが11日、関係者への取材で分かった。

 関係者によると、同日開かれた同会福島支部の例会で明らかにしたという。現時点でほかに目立った動きはなく、届け出が締め切られる28日に無投票当選の公算が大きくなっている。

 紺野氏は福島市出身。福島高、中央大法学部卒。2004(平成16)年に弁護士登録し、県弁護士会副会長などを務めた。

 同会長選は21日に告示される。選挙の場合は2月4日投開票。次期会長の任期は4月1日から1年。