さあ3学期も楽しく 福島県内の小中学校で始業式

 
冬休みの宿題を提出する児童=11日午前、石川町・沢田小

 福島県内の多くの小中学校で11日、始業式が行われ、子どもたちが元気に新学期をスタートさせた。

 このうち、統合に伴い3月に閉校する石川町の沢田小では、児童約50人が登校。馬場哲明校長は始業式で「(閉校に)寂しい気持ちもあるかもしれないが、明るく笑顔で元気に頑張ってほしい」と呼び掛けた。

 式後、児童は各クラスで冬休みの宿題などを提出した。5年生の児童(11)は「冬休みは新型コロナウイルスであまりみんなで集まれなかったけれど楽しかった。(閉校まで)このメンバーで楽しく過ごしたい」と話した