陸自福島駐屯地が「訓練始め」 隊員ら600人、士気高める

 
体操で汗を流す隊員

 陸上自衛隊福島駐屯地の第44普通科連隊は11日、福島市の同駐屯地で新年恒例行事の「訓練始め」を行った。隊員ら約600人が、気持ちを新たに士気を高めた。

 訓練始めに先立ち、同連隊長の湯舟道彦1等陸佐が「1年の始まりに目標や計画を立てて任務を遂行してほしい」と訓示し「地域の期待にしっかり応える部隊にしたい」と新年の抱負を語った。

 隊員らは自衛隊体操で汗を流した後、グラウンドで円陣を組んだ。年男の隊員が中心に立ち「獅子奮迅の勢いで任務を果たそう」と威勢のいい掛け声で今年1年の活躍を誓った。