新型コロナ鎮静と家内安全祈願! いわきの金刀比羅神社例大祭

 
間隔を空けて列に並び、今年1年の幸せを祈った参拝客

 「こんぴら様」として親しまれる金刀比羅神社は10日、いわき市常磐関船町の同神社で例大祭を開いた。新型コロナウイルス感染防止のため、昨年に続いて「福銭まき」は行われなかったが、多くの参拝客が列を作り、今年1年の幸せを祈った。

 「新型コロナウイルス感染症鎮静祈願祭」を兼ねて開催した。手指の消毒を呼び掛けたほか、間隔を空けて参拝者を境内に誘導するなどの感染対策を行った。

 参拝者は静かに家内安全や無病息災などを祈願したり、伝統行事で使われる大釜の湯気を浴びたりした。参拝した同市の坂本憲弘さん(59)は「コロナの影響で昨年は参拝しなかったが、今年はできて良かった。家族全員が元気に過ごせるように祈った」と笑顔を見せた。

 また、昨年は出店を見送った神社前の露店は今年、周辺の県道で約1キロにわたり、100を超えるさまざまな店が並んだ。露店は、縁起物や食べ物などを買い求める参拝客でにぎわった。