東北新幹線が運転再開 東京-新青森間、郡山駅でポイント故障

 

 13日午前5時30分ごろ、東北新幹線郡山駅構内で線路の向きを切り替えるポイントが切り替わらない状態になり、東北新幹線は東京―新青森間の上下線で運転を見合わせた。

 JR東日本によると、原因はポイントの故障という。部品を交換し、午後0時30分ごろに全線で運転を再開した。しばらくは本数を減らして運転する。