17人の個性あふれる40作品、橘高美術部「たちばな展」16日まで

 
来場を呼び掛ける部員たち

 橘高美術部の作品展「たちばな展」は11日、福島市のキョウワグループ・テルサホール(福島テルサ)で始まった。部員の個性あふれる作品が来場者を楽しませている。16日まで。

 活動の成果を披露しようと毎年開催しており、1~3年生の部員17人が作品を展示した。日常を切り取った温かみのある作品やデジタルの技法を使った作品、油絵など約40点が並ぶ。

 部員の宮田陸さん、平山大智さん(1年)は「個性を生かし、さまざまな技法で描かれている。ぜひ足を運んでほしい」と来場を呼び掛けている。

 入場無料。時間は午前10時~午後6時(最終日は午後4時)。