福島県、会津では14日も「大雪」に警戒 雷を伴い吹雪の恐れも

 

 強い冬型の気圧配置の影響で日本列島は13日、日本海側を中心に大雪となった。

 県内では会津を中心に雪が降った。福島地方気象台によると午後6時時点の24時間降雪量(積雪の深さ)は只見町で26センチ(155センチ)、南会津町南郷で15センチ(116センチ)、金山町で15センチ(96センチ)など。

 14日は冬型の気圧配置が強まる影響で、中通りと浜通りは曇りや晴れで雪が降る所があり、会津は雪で雷を伴ってふぶく所がある見込み。気象台は、会津では大雪による交通障害や雪崩、落雷などに注意するよう呼び掛けている。

 大学入学共通テスト1日目の15日は、中通りと浜通りで晴れや曇り、会津では曇り一時雪となる予報。2日目の16日は、中通りと浜通りで晴れ時々曇り、会津では曇りとなる見込み。