東北新幹線、全線止まる 郡山駅でポイント故障、落雪が原因か

 
東北新幹線が運転見合わせになり、改札口で利用者の対応をする職員

 13日午前5時30分ごろ、東北新幹線郡山駅構内で線路の向きを切り替えるポイントが故障した。故障により、東北新幹線は東京―新青森間の上下線で運転を見合わせた。約7時間後に復旧して全線で運転を再開したが、山形新幹線などを含む計約2万7400人に影響が出た。JR東日本は、走行した新幹線から雪が落ちた際の衝撃で装置が壊れた可能性もあるとみて、詳しい原因を調べている。

 JR東によると、始発前に行ったポイントの動作確認時に異常を知らせる警報音が鳴ったため、作業員が確認。装置内部のモーターの故障が判明し、部品を交換した。付近を通過する列車は最高時速300キロ近くで走行していて、車体に張り付いた雪が落ちた可能性もあるという。12日午後9時ごろまでは、異常はなかったとしている。

 JR東は当初、運転再開を「午前7時10分」と見込んでいたが、復旧作業に時間がかかったため、再開見込みを「未定」に変更。午前9時30分ごろに郡山―仙台間を除いて運転を再開し、午後0時30分ごろに全線で運転を再開した。この影響で東北新幹線は上下線計49本が運休。計20本に最大約6時間の遅れが生じた。秋田、山形、上越、北陸新幹線にも運休や遅れが出た。

 再開に7時間、利用客困惑

 長時間にわたる運転見合わせに、東北新幹線の利用客は戸惑い、困惑した表情を浮かべた。

 郡山駅は、足止めされた利用客で一時混み合った。仙台市に出張予定だった東京都の50代会社員男性は「まさかここで足止めを食らうとは。正午までに仙台に到着する予定だったけど、もう無理だろう」とため息をついた。

 福島駅では、改札口で利用客が駅員に乗り換え先を聞いたり、運休を告げる案内板を見てその場に立ち尽くしたりする人の姿もあった。

 仙台市の学校に通学予定だった福島市の男子専門学校生(19)は「駅に到着してから運休を知り、驚いた」という。1時間以上悩んだ末「在来線に乗ろうと思う」と改札に向かった。仕事で長野県に向かうという30代の会社員女性は「運転が再開して良かった」と話した。

 また復興状況の視察で13日に本県を訪れた駐日外交団は、日程の一部を取りやめた。13日に予定されていたあづま総合体育館(福島市)と奥の松酒造(二本松市)への視察を中止し、県農業総合センター(郡山市)への視察とした。