動く「かまくら」で車中泊 アルツ磐梯、トヨタなど共同開発

 
(上)「動くかまくら」がテーマの「かまくるま」の外装(下)「かまくるま」の内装

 福島県磐梯町のスキー場「星野リゾート アルツ磐梯」とトヨタ自動車、キャンピングカーレンタル事業を展開するキャンピングカー社は、「動くかまくら」をテーマにした「かまくるま」を共同開発した。お披露目会が14~16日、横浜市のウインタースポーツ用品販売イベント「冬スポ!!21」パシフィコ横浜会場で開かれる。

 アルツ磐梯とキャンピングカー社は昨季、ゲレンデ直結の場所にキャンピングカーで滞在が可能な車中泊プランを販売。プランが好評だったことから、今回はさらにスキー場に向かう移動中も気分を盛り上げてほしいと開発した。

 トヨタ自動車による印刷物の表面に立体感を出す特殊技術「2.5Dプリント」によって、かまくらのような内装を実現。移動から滞在中に至るまで、雪山らしい雰囲気に包まれて過ごすことができる。

 かまくるまを使ってアルツ磐梯まで移動し、滞在できる車中泊プランを販売する。予約受け付けの開始は近日中を予定している。