災いを「うそ」に...鷽鳥を買い求める 高畑天満宮でうそかえ祭

 
木彫りの縁起物「鷽鳥」を買い求める参拝客=13日午前、福島市飯坂町湯野

 福島市飯坂町湯野の西根神社境内にある高畑天満宮で13日、小正月の行事「うそかえ祭」が始まった。木彫りの縁起物「鷽鳥(うそどり)」を買い求める参拝客でにぎわっている。

 鷽鳥は、疫病などの悪いことを身代わりとなって「うそ」に替え、授かった人は1年間幸福で過ごせる御利益があるとされる。毎年新しい鷽鳥と交換する習わし。大小5種類あり、数量限定のため、いち早く訪れる参拝客が多いという。

 新型コロナウイルスの感染防止対策が取られる中、参拝客は順番待ちの列を作った。約10年訪れているという同市の金野裕子さん(48)は「健康第一。新型コロナにも感染せず、普通の暮らしができれば十分です」と期待を込めた。

 16日までで、時間は午前9時~午後9時(最終日は同5時)。