福島県、日曜最多395人感染 新型コロナ、9日確認分は530人

 

 県は10、11の両日、県内で新たに計925人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。9日に530人、10日には、日曜日では過去最多となる395人の感染が判明。直近1週間(4~10日)の人口10万人当たりの新規陽性者数は220.60人と最多を更新し、感染拡大に歯止めがかかっていない。

 県内の感染確認は延べ4万1896人となった。10日現在の入院者は重症3人を含む244人で、病床使用率は32.8%。宿泊療養者は570人、自宅療養者は4348人でいずれも最多を更新。363人が療養先を調整している。

 直近1週間の人口10万人当たりの新規陽性者を市町村別にみると、郡山市が404.95人で最も多く、須賀川市349.37人、会津若松市313.52人と続く。

 2日間の感染者数925人の市町村別内訳は郡山市327人、いわき市174人、福島市110人、会津若松市83人、須賀川市59人など。このうち579人の感染経路が分かっていない。保健所の医師の判断で感染とみなす「みなし陽性」の患者は計49人で、累計は1491人。

 ■福島県内の新型コロナウイルス発生状況