福島県、高卒者就職内定率は99.6% 前年を0.1ポイント上回る

 

 県が14日公表した3月に県内の高校を卒業した人の就職内定率(3月末現在)は99.6%で、前年を0.1ポイント上回った。県内企業への就職内定を表す県内留保率は82.7%と記録が残る過去15年で最も高い水準となり、県は新型コロナウイルス禍で「地元志向が高まった可能性がある」(雇用労政課)とみている。

 全日制と定時制の101校を調査した。就職希望者3973人に対し、内定者は3957人だった。

 未内定者は16人おり、県は各校との連携や、就職支援ナビゲーターなどを通した就職支援を継続する方針だ。

 県発表の内定率は、各校からの情報を基に集計している。公務員や縁故採用を含むため、福島労働局の発表値とは異なっている。