JA職員476万円着服、懲戒解雇 ATMから現金抜き取る

 

 JAふくしま未来は15日、梁川総合支店に勤務していた20代男性職員が、梁川南給油所近くにある同JAのATMから現金476万円を抜き取って着服していたと発表した。同JAは14日付で男性職員を懲戒解雇処分とした。刑事告訴も含め対応を検討している。

 同JAによると、元職員は3月10日に別の職員と2人で同ATMの現金精査を担当。その際、ATMに不具合があるなどと偽り、保管されていた現金の一部、476万円を抜き取った。同月24日に別の職員2人がATMの現金を精査した際、不足が分かり、内部調査で元職員の着服が発覚した。

 着服した現金はギャンブルなどに使っていたという。元職員の親族が全額を弁済した。事件を受け、同JAは所属長らの処分も検討している。