被災旅館、存続の危機 震度6強地震1カ月、相馬の25施設休業続く

 
壁が撤去され、骨組みがむき出しになった客室で、状況を報告し合う鈴木さん(右)と管野組合長=相馬市・トモエ屋旅館

 福島県沖を震源として最大震度6強を観測した地震は16日、発生から1カ月を迎える。住宅被害は一部損壊、全半壊合わせて1万棟を超えた。被災者の避難所生活は長期化し、相馬市では14世帯19人が不自由な生活を余儀なくされている。度重なる災害で観光など産業への影響も深刻化している。

 観光地・相馬市松川浦周辺にある旅館のほとんどは休業のまま。再開の見通しは立っておらず、経営者は不安を隠さない。

 「今回の被害は桁が違う。お風呂が直れば、使える部屋だけで営業を再開したいが、5月の連休にはとても間に合いそうにない」。トモエ屋旅館の鈴木よし子さん(64)はため息を漏らす。昨年2月の本県沖地震では壁などに被害を受け、数カ月の休業後に宿泊客を迎え入れた。それから1年もたたずに起きた地震。浴場のボイラーやエレベーター、空調が破損し、4階客室の壁は撤去せざるを得ないほどだった。

 「休業の間、収入は当然ゼロ。でも、電気代など維持費は黙っていても出ていく」とうなだれる。宿泊費用の一部を補助する「県民割プラス」が3月末に始まったが、もちろん恩恵はない。取り残されていくような気持ちだという。

 旅館「栄荘」は昨年の地震後、中小企業を支援するグループ補助金を申請して復旧工事を実施している中で再び被災した。内装を仕上げたばかりの客室の壁が崩れ、コンクリートの床に亀裂が入った。専務の管野英信さん(54)は「元通りに復旧させても同じ規模の地震が来れば、また被害が出る。お客さんの安全を考えると、この建物で宿泊業を続けるのはもう無理だ」とうつむく。グループ補助金は工事完了後に支払われる仕組みで、受け取ることができない。「どういった対応になるのか、全く分からない。そこを早く決めてほしい」

 市によると、12日現在で市内の旅館やホテルなど36施設のうち、25施設が営業を休止しており、多くが松川浦周辺の宿泊施設だ。

 松川浦観光旅館組合長の管野正三さん(61)は「度重なる地震に、がれきを拾う力もないという経営者がいる。廃業を口にする人さえ」と深刻な状況を口にする。

 管野さんも、新型コロナウイルス禍で客足が遠のく中、積立金の取り崩しや金融機関からの融資を重ねながら経営する丸三旅館を維持してきた。そんな中での地震に「もう余力は残っていない。誰もが同じ状況だ。松川浦の旅館街は今、存続できるかどうかの瀬戸際に立っている」と話した。

 住宅一部損壊1万512棟

 県がまとめた被害状況によると、住宅被害は、一部損壊が1万512棟で県北地方が4883棟、相双地方が3584棟と多くを占める。全壊は73棟、半壊は999棟。建物の被害調査は継続中で、今後さらに増える見通しだ。

 農林水産業の被害は13日時点の集計で総額14億2200万円に上り、ため池などの農業用施設が271カ所13億8740万円と多くを占める。県管理道路は4カ所で通行止めが続く。