福島で70代女性なりすまし150万円被害 息子名乗る男から電話

 

 18日午後、福島市の70代女性の夫から「妻が息子を名乗る男からの電話を信じて現金を手渡した」と110番通報があった。福島署が「なりすまし詐欺」事件として調べている。

 同署によると、18日午後0時30分ごろ、女性宅に息子を名乗る男から「喉の治療をした。病院で携帯と財布をなくした。その中に会社に振り込むお金が入ったカードがあった」と電話があった。その後、上司を名乗る男が電話で「手術はできたが、家まで送ったら途中で吐血した。これから病院に行くから会社に振り込むはずだったお金を代わりに準備してほしい」と話したという。話を信じた女性は訪ねてきた男に現金150万円を手渡した。夫に相談し、被害に気付いた。