須賀川、福島、郡山でクラスター7件発生 児童クラブや介護施設

 

 福島県などは19日、須賀川市の児童クラブで児童5人と職員1人の計6人による新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生したと発表した。今月のクラスターは計65件で、このうち31件が児童施設で発生している。

 福島市は19日、児童施設と高校の部活動、事業所で新型コロナウイルスのクラスターが発生したと発表した。児童施設は40代女性職員1人と10歳未満の男女計6人、高校の部活動は男子生徒5人、事業所は40~60代の女性従業員5人の感染が判明した。

 郡山市は19日、市内の介護施設2カ所と保育施設1カ所で新型コロナウイルスのクラスターが発生したと発表した。

 市によると、一つ目の介護施設では30代男性職員1人と80~90代の利用者の男女4人の計5人、もう一つの介護施設では40~50代の女性職員2人と80~90代の利用者の男女3人の計5人、保育施設では10歳未満の子どもの男女計5人の感染が分かった。保育施設では、子ども5人が在籍するクラスを学級閉鎖する。