伊達市に再建支援法適用 震度6強地震

 

 県は20日、3月に本県沖を震源に発生し最大震度6強を観測した地震で、5世帯以上の住宅全壊が確定したとして、伊達市に被災者生活再建支援法を適用すると発表した。同法が適用された自治体は7市町となった。

 同法の適用により、中規模半壊以上の世帯は住宅再建に向けた支援を受けることができる。全壊世帯は建て替えや新規に購入する場合に最大300万円が支給される。