栗原はるみさん、福島でオンライン料理教室 食材生産者も訪問

 
国府田代表(右)から商品の説明を受ける栗原さん(中央)ら

 料理研究家の栗原はるみさんは22日、福島市を訪れ、料理教室を開いたり、食材の生産者と交流したりした。

 栗原さんは東京電力福島第1原発事故の風評被害に苦しんでいる本県の農家らを応援したいと、昨年から本県食材を使った料理教室を開いている。

 今回は教室に先立ち、同市の生産者を訪問した。このうち、佐々木牧場ではチーズ工房や隣接するささき牧場カフェを見学。カフェの国府田純代表から商品の説明を受けた。

 その後にオンラインで開かれた教室で栗原さんは、佐々木牧場のモッツァレラチーズや同市のすずよし農園のグリーンアスパラなどを使用したレシピを紹介した。栗原さんは「食材から生産者の愛をとても感じる。福島が少しでも元気になるような手助けができたらうれしい」と話した。