阿武隈急行「梁川-槻木間」4月25日再開 28日まで臨時ダイヤ

 

 阿武隈急行(伊達市)は25日から、梁川―槻木(宮城県柴田町)間の運転を再開する。28日まで朝夕の臨時ダイヤで運行する。

 3月の本県沖地震で線路やホームなどに大きな被害を受け、一時福島―槻木間の全線で運休していたが、18日から丸森―槻木間で運転を再開した。

 梁川―槻木間は29日以降、富野駅(伊達市)での折り返し列車を除き通常ダイヤでの運行を予定している。梁川―仙台間の直通列車も29日から再開する。

 福島―梁川間は5月末までの運休が決定しており、6月以降の見通しも立っていない。同区間は平日の朝夕の通勤・通学時間帯に代替バスを運行している。