福島県、新たにクラスター5件 新型コロナ、福島やいわきほか

 

 福島、いわき両市と県は25日、県内で新たな新型コロナウイルス感染のクラスター(感染者集団)が計5件が発生したと発表した。

 福島市では、児童施設で10歳未満の児童4人と職員4人の計8人の感染を確認。いわき市の児童施設でも未就学の男児、女児各3人の計6人の感染が分かった。県によると、伊達市の医療機関で患者5人、職員8人の計13人、南相馬市の児童施設で児童4人、職員1人の計5人、会津若松市の障害福祉サービス事業所で利用者8人、職員1人の計9人の陽性が確認された。