公文書偽造か、若松市副議長辞職

 

 会津若松市議会の樋川誠副議長(57)=4期、公明=は25日、副議長を辞職した。市議は辞職していない。関係者によると、樋川氏に公文書偽造が疑われる行為があったという。

 樋川氏は27日、臨時で開かれる市議会各派代表者会議に出席し、経緯を説明する。樋川氏は福島民友新聞社の取材に「(辞職理由は)各派代表者会議で説明するので、現時点では話せない」と語った。

 市議会事務局によると、新たな副議長は5月中旬にも臨時会を開いて決める方針。