無免許運転疑い楢葉町職員逮捕 国道6号、免許失効中に乗用車

 

 双葉署は26日午後5時55分ごろ、無免許運転の疑いでいわき市平泉崎字前原、楢葉町職員の男(39)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は、同町北田字鐘突堂の国道6号を富岡町方面からいわき市方面に向かって、自家用の乗用車を無免許で運転した疑い。

 同署によると、交通取り締まり中の署員が男に任意で停車を求めたところ、免許が失効していたことが分かり、逮捕したという。通行目的などは捜査中としている。

 楢葉町職員を巡っては、昨年に公金の横領事件が発覚。今年2月には建設課職員が公契約関係競売入札妨害容疑で逮捕され、さらに3月に同じ職員が官製談合防止法違反などの容疑で再逮捕されている。町は不祥事を受け、今月20日に原因究明と再発防止策の検討に向けた第三者委員会を設置したばかりだった。