福島県、感染者41%「BA・2」 新型コロナ、2月から4月上旬

 

 県は26日、県内での新型コロナウイルス感染者のうち170検体を抽出して県衛生研究所でゲノム解析した結果、全てがオミクロン株に感染しており、このうち41%に当たる70件がオミクロン株より感染力が強いとされる派生型「BA・2」だったと発表した。検体は2月中旬から今月上旬に陽性と判明したもので18~24日にゲノム解析を行った。