須賀川でなりすまし、80代が250万円被害 郡山では100万円被害

 

 27日午後、須賀川市の80代女性の家族から「女性が息子を名乗る男らの電話を信じ現金を手渡した」と須賀川署に通報があった。女性は自宅を訪れた男に現金250万円を手渡しており、同署は「なりすまし詐欺」事件とみて調べている。

 同署によると、同日午前11時30分ごろ、女性方に息子の上司を名乗る男から「息子さんの喉から血が出ている」などと電話があった。その後、息子を名乗る男から「公衆電話に財布と携帯電話を忘れた」などと電話があった。

 再び息子の上司を名乗る男から「息子さんを入院させる。会社の者にお金を取りに行かせる」と電話があり、同日午後3時ごろ、女性宅を訪れた息子の同僚を名乗る男に現金を手渡した。

 その後、女性が家族に相談し、被害に気付いた。

          ◇

 27日午後、郡山市の60代女性の同居家族から「市職員を名乗る男の話を信じ、約100万円を振り込んでしまった」と郡山署に届け出があった。同署は「なりすまし詐欺」事件とみて調べている。

 同署によると、同日午後2時30分ごろ、女性方に市介護課職員を名乗る男から「介護保険の還付金がある。ATMに行き、着いたら私が教える番号に電話をかけてほしい」などと電話があった。

 話を信じた女性は同3時ごろ、同市のホームセンターのATMへ向かい、金融機関職員を名乗る男の指示に従ってATMを操作した。女性が同居家族に相談し詐欺と気付いたという。