17歳以下3人にモデルナ製を誤接種 郡山の3回目

 

 郡山市は27日、新型コロナウイルスワクチンの3回目接種について、市内の医療機関で同市の17歳以下の男女3人に誤って米モデルナ製ワクチンを接種したと発表した。市によると、現時点で3人の健康状態に異常はなく、同医療機関が経過観察を続けている。

 国は12~17歳の3回目接種に使用するのは米ファイザー製ワクチンのみとしている。

 市によると、市職員が25日にワクチン接種記録システムで接種状況を確認した際、同医療機関で17歳以下にモデルナ製ワクチンを接種した記録を発見。同医療機関に事実を確認したところ、12日に男女各1人、25日に男性1人に誤接種していたことが分かった。

 同医療機関ではモデルナ製ワクチンのみを扱っており、12~17歳への3回目接種で使用できるワクチンがファイザー製ワクチンのみであることを認識していなかったという。

 同医療機関は3人の保護者に説明を行い、謝罪した。市は郡山医師会と連名で、市内の医療機関に対して適切な接種を求める通知を出す方針。