鶴ケ城公園にクマ 5時間立ち入り規制し駆除、けが人なし

 

 29日早朝、会津若松市の鶴ケ城公園でクマの目撃情報が相次いだ。会津若松署や市は午前5時30分ごろから公園を立ち入り禁止にしてクマを捜索、同10時30分ごろに公園内で発見し、地元の猟友会が駆除した。けが人はいなかった。同公園は約5時間にわたって立ち入りが規制された。

 同署によると、クマの体長は約1.2メートル。同日午前5時ごろに公園付近の県道で目撃の通報があり、その後、公園内にいるとの通報が複数寄せられた。駆け付けた署員らが、木の上にいるクマを発見。花火を使って威嚇し、クマが下りてきたところを駆除した。

 この日は大型連休の初日ということもあり、同公園には大勢の観光客の来場が見込まれていた。会津若松観光ビューローの担当者は「近隣住民や観光客に迷惑をかけてしまったが、けが人が出なくてほっとしている。多くの方に足を運んでもらい、会津を満喫してもらいたい」と話した。