刀を真っすぐ空へ...濫觴武楽を奉納 伊達・霊山神社春季例大祭

 
剣舞を奉納する濫觴武楽隊=伊達市

 霊山神社の春季例大祭は29日、伊達市霊山町の同神社で行われ、680年以上続くとされる市指定無形民俗文化財「濫觴武楽(らんじょうぶがく)」が奉納された。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、昨年に続き規模を縮小しての開催となった。

 地域住民らでつくる濫觴武楽隊が登場。はかまに白鉢巻きと白たすき姿の「太刀振り」と呼ばれる隊員が笛や太鼓の音に合わせ、刀を真っすぐと空へかざす剣舞を披露した。

 大橋吉成隊長(71)は「コロナ下ではあるが、今年も地域の伝統行事を執り行うことができて良かった」と話した。

 濫觴武楽は同神社に祭られる南北朝時代の武将、北畠顕家(あきいえ)が1337(延元2)年に拠点を宮城県の多賀城から霊山に移す際、地元住民が歓迎の意を示して舞ったのが起源とされる。