大型連休中の福島県内、高速道事故相次ぐ

 

 大型連休中の1日、県内の東北道などで事故が相次ぎ、通行止めが発生した。

 県警高速隊によると、東北道二本松―福島西インターチェンジ(IC)間下り線では同日午前10時55分ごろ、乗用車が右車線を走る乗用車と衝突、男性2人が搬送された。軽傷とみられる。事故の影響で同区間は約1時間45分にわたって通行止めになり、渋滞が発生した。

 東北中央道大笹生―米沢八幡原IC間下り線では、乗用車と軽トラックが衝突する事故が発生。同区間上下線は午前7時55分ごろから約2時間にわたって通行止めになった。

 東北道白河―矢吹IC間下り線では、乗用車の単独事故で午前4時10分ごろから約1時間40分にわたり、通行止めになった。