歴代会津藩主しのぶ 若松、松平家墓所拝殿で「お花まつり」

 
歴代会津藩主の霊を慰めた「お花まつり」

 歴代会津藩主の霊を慰める墓前祭「お花まつり」は4日、福島県会津若松市の会津藩主松平家墓所拝殿で行われた。参列者が会津の発展に貢献した歴代藩主に思いをはせた。

 墓前祭は会津松平家14代当主の松平保久(もりひさ)さんを祭主に毎年行われている。松平さんと長男の親保(ちかもり)さん、会津松平家奉賛会の会員ら約60人が参列した。

 神事では松平さんと奉賛会の林健幸会長らが玉串をささげた。松平さんは「会津の心を受け継ぐため、お花まつりが未来へ続くことを願う」とあいさつした。

 墓所には、2代藩主保科正経(まさつね)から9代藩主松平容保(かたもり)までの歴代藩主が葬られている。