「犠牲者捜索が慰霊」 沖縄戦遺骨収集の男性、大熊で講演

 

 沖縄戦の遺骨収集を続ける那覇市の市民団体「ガマフヤー」代表の具志堅隆松さん(68)は4日、福島県大熊町で講演した。長年の遺骨収集の経験から、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故後の行方不明者の捜索を巡り「犠牲者に近づこうとすることは、それ自体が行動としての慰霊だ」と述べ、手厚い支援の枠組みが必要だと訴えた。

 講演は、津波で犠牲になった大熊町の木村汐凪(ゆうな)さん=当時(7)=の捜索に取り組む父の紀夫さん(56)=いわき市に避難=との縁で実現。具志堅さんは、沖縄戦の激戦地では戦後77年の今も旧日本軍の陣地跡や、ガマ(自然壕(ごう))から遺骨や遺品が見つかると説明。大熊町でも同じ気持ちで向き合っていると述べた。

 具志堅さんは「復興などにより、犠牲者がまだいるかもしれない地域でかさ上げや防潮堤造りを進めていいのか」と問題提起した。直接の捜索に加わらなくても「現場を訪れ、犠牲者のことを考えることも(捜索への)参加だ」と述べた。

 地元沖縄の学校で平和学習の授業に招かれた際に「なぜ遺骨収集を続けているのか」と質問されたことがあり、具志堅さんは「(遺骨が家族のもとへ帰ることができない状況などの)不条理を黙って通り過ぎないようにしているから」と答えているという。