福島県、新型コロナ339人感染 郡山102人、福島といわき各53人

 

 県は5日、県内で新たに339人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。4日に判明した。感染者の累計は5万3426人となった。

 感染が確認されたのは、郡山市102人、福島、いわきの両市53人、会津若松市39人、須賀川市24人、相馬市11人、白河市7人、伊達、西郷の両市村6人、喜多方、棚倉の両市町4人、湯川村3人、二本松、本宮、国見、川俣、大玉の各市町村2人、南相馬、北塩原、磐梯、会津坂下、柳津、会津美里、矢吹、石川、玉川、三春、小野、楢葉の各市町村1人。県外5人。

 重症者2人を含む172人が入院、302人が宿泊療養所に入所している。自宅療養は3525人。129人が療養先を調整中。4日に382人の療養を解除した。

 ■福島県内の新型コロナウイルス発生状況