「横向ロッジ」一部焼く、不審火か 猪苗代の旧宿泊施設

 

 5日午前1時5分ごろ、猪苗代町若宮字横向山の旧宿泊施設(通称・横向ロッジ)から出火、鉄筋4階建ての1、2階客室の一部を焼いた。

 猪苗代署によると、建物には火の気がないことから、不審火とみて出火原因を調べている。

 同施設は「心霊スポット」として全国的に知られており、建物には肝試しとして侵入する人もいるという。