伊達・梁川で30.8度 若松は30.2度、今年初の真夏日に

 
晴天で気温が上昇する中、噴水で水遊びする親子=6日午前、福島市・駒山広場

 6日の県内は高気圧に覆われて晴れ間が広がり、南からの風が吹いて気温が上昇した。福島地方気象台によると、伊達市梁川で30.8度、会津若松市で30.2度を観測し、今年初の真夏日となった。

 県内30カ所の観測地点のうち9カ所で今年の最高気温を記録し、福島市と喜多方市は29.6度、西会津町は29度だった。福島市の信夫山南側にある駒山広場では、子どもたちが噴水に手のひらを差し入れ、ひんやりとした感触を楽しんでいた。

 7日の県内は晴れから曇りとなる見込みで、予想最高気温は会津若松市が26度、福島市が25度、相馬市が22度となっている。8日は中通りと浜通りが晴れから曇り、会津地方が曇りから晴れの予報となっている。