いわきの医療機関、17歳にモデルナ誤接種 3回目ワクチン

 

 いわき市は6日、新型コロナウイルスワクチンの3回目接種について、市内医療機関で17歳の男子高校生に誤って米モデルナ製を接種したと発表した。男子生徒の体調に異常は確認されていないという。国は12~17歳の3回目接種に使用するのは米ファイザー製のみとしている。

 市によると、4月27日に同医療機関で余剰ワクチンが発生し、同日中に男子生徒を含む職員の家族10人にワクチンを接種した。29日に家族が間違い接種に気付き、医療機関に報告した。

 市は「接種年齢の確認が不十分だった」とし、間違い接種をした医療機関に確認徹底を指導するとともに、ほかの医療機関にも注意を呼びかけた。