富岡の子どもたち熱演 大友良英さんとコンサート、校歌など披露

 
大友さん(右)の指揮に合わせて壮大な音色を奏でるビッグバンドのメンバーと子どもたち

 福島市ゆかりの音楽家・大友良英さんと富岡町の子どもたちが共演する「大友良英スペシャルビッグバンドwith子どもたちコンサート」は8日、富岡町文化交流センター学びの森で開かれ、ビッグバンドのメンバーや子どもたちが奏でる壮大な演奏が会場を魅了した。

 大友さんはNHK連続テレビ小説「あまちゃん」の楽曲を手がけたことなどで知られている。富岡町の子どもたちとは音楽を通じて定期的に交流を深め、子どもたちの意見を取り入れながら今春開校した富岡小、中の校歌を作詞、作曲した。

 コンサートは2部構成で行われた。1部ではあまちゃんのテーマ曲で来場者の心をつかみ、NHK大河ドラマ「いだてん」のテーマ曲など8曲を披露した。

 2部では富岡小、中の児童生徒や教員、富岡一、二中の卒業生らがステージに上がり、大友さんの指揮に合わせて校歌を元気よく歌った。

 また、子どもたちとビッグバンドのメンバーによる即興演奏も行われた。来場者は手拍子を送るなどして会場を盛り上げた。

 即興演奏で木琴を演奏した小学6年の冨永瑠唯さん(11)は「より音楽が好きになった。他の楽器も演奏してみたい」と笑顔を見せた。大友さんは「子どもたちが音楽に興味を持つきっかけになってくれたらうれしい」と話した。