「県民割プラス」再開 10道県民も利用対象、宿泊費の一部補助

 
予約の対応をする若松女将=いわき市・雨情の宿新つた

 本県の宿泊施設を利用する際の宿泊費の一部を補助する「県民割プラス」の利用が9日、再開した。県民のほか、北海道・東北ブロックと北関東など隣県の10道県の住民が対象で、大型連休後も観光関連業のにぎわいの継続が期待される。

 いわき市のいわき湯本温泉にある「雨情の宿新つた」では、予約が始まった6日午前に電話が相次いだ。同市はゴルフや温泉、海の幸を求める関東からの観光客が多く、若松佐代子女将(おかみ)(64)は「(10道県に)拡大した意味は大きい。多くの来客につながってほしい」と期待する。

 大型連休中は8割超の稼働率となる日も出るなど、観光客の増加を徐々に実感している。ただ、連休期間は県民割の対象外で「適用してくれればさらに後押しになったはず」と若松女将。県民割の県外からの予約も7日以降は動きが鈍く、「連休の反動もあるが、対象の拡大を知らない人もいるのでは」と話し、広報強化や東京などを含めた対象エリア拡大を熱望した。

 内堀雅雄知事は9日の定例記者会見で県民割について「基本的な感染対策を講じ、笑顔で心身を癒やすことを期待する」と述べた。