広野・東町産業団地に喜美運送が進出 物流拠点の倉庫建設へ

 

 広野町が町内で整備を進める東町産業団地に、運送業の喜美運送(いわき市)が進出することが10日、分かった。喜美運送は約1.5ヘクタールの1区画を取得し、顧客の荷物を双葉郡に配送する物流拠点となる倉庫を建設する。6人以上の新規雇用を見込んでいるという。

 東町産業団地は広野火力発電所の南部に位置し、約7.3ヘクタールを工業用地として確保する。国道6号から近く、常磐道広野インターチェンジまで車で約10分の距離にあるなど、町は交通の便の良さをアピールして企業誘致を図っていく方針。造成工事は年度内に終了し、来年度の本格分譲を目指す。