立憲民主・小熊氏、ウクライナ渡航 国会許可得ず、役職を停止

 
ウクライナを訪れた小熊氏(フェイスブックより)

 立憲民主党の小熊慎司衆院議員(福島4区)が大型連休中、国会の許可を得ずにウクライナへ渡航していたことが分かった。衆院議院運営委員会の山口俊一委員長が10日、記者団に明らかにした。小熊氏もフェイスブックなどで同国を訪れたことを紹介している。

 外務省はウクライナ全土の危険情報を最高度の「レベル4」(退避勧告)にしている。小熊氏は連休前の衆院本会議でウクライナ隣国のポーランドへの渡航許可を得て、4月30日に同国に入り「ウクライナ避難民支援の状況調査のために渡航」と投稿した。

 小熊氏によると、当初はウクライナ行きは計画していなかったが、国境付近の混乱状況を見て「目の前に困っている人がいた。義憤に駆られた」として知人と共に電車で西部リビウに入った。現地で日本語教師と意見交換するなどして一泊し、ポーランドに戻った。小熊氏は福島民友新聞社の取材に「国会での手続きに瑕疵(かし)があった」と述べた。

 立民の西村智奈美幹事長は10日の記者会見で、国会の許可を得ずに渡航した行為は問題だとして、党筆頭幹事長代理の役職を1カ月停止にしたと発表した。また、立民の馬淵澄夫国対委員長は、小熊氏の衆院外務委員会理事の役職を解いたとした。

 政府、与党も問題視し、松野博一官房長官は記者会見で「取りやめるべきだった。渡航はどのような目的であれ、やめるよう求めている」と批判。自民党の茂木敏充、公明党の石井啓一両幹事長は東京都内で会談し、小熊氏の行動は大変遺憾で、厳正な対応が必要だとの認識で一致。これを受け、自民の高木毅国対委員長は馬淵氏に抗議した。