小野福島県本部長退任へ 東北労働金庫、後任は連合の今野氏軸

 

 東北労働金庫(仙台市、東北労金)の福島県本部長を務める小野利市氏(62)=私鉄総連県協議会=が任期満了に伴い退任する見通しとなったことが10日、関係者への取材で分かった。後任に連合福島会長の今野泰氏(59)が就く方向で調整が進んでいるとみられ、6月23日の東北労金総会で正式決定する見込み。小野氏は県本部長を3期6年務めた。

 今野氏は福島市出身。福島北高卒。福島市職労委員長、自治労県本部委員長、連合福島副会長などを歴任。2017年10月から連合福島会長を務めており、現在3期目。県本部長に就任した場合、連合福島会長を退任するとみられ、後任人事が注目される。