空き巣、6700万円窃盗容疑 須賀川署、横浜の48歳男を再逮捕

 

 須賀川市の70代男性方で2020年9月、保管していた多額の現金が盗まれた窃盗事件で、須賀川署は11日午前10時15分ごろ、住居侵入と盗みの疑いで、本籍横浜市、住所不定、職業不詳の男(48)を再逮捕した。

 再逮捕容疑は、同年9月10日の午前7時ごろから午後1時ごろの間、留守中に須賀川市の70代男性方に侵入、現金約6700万円を盗んだ疑い。捜査関係者によると、男は同様の手口で全国で数十件の窃盗事件に関与しているとみられ、本県で少なくとも数件に関わった可能性がある。

 同署によると、男は昨年11月に福井市の住宅から現金などを盗んだとして、同12月には郡山市の住宅に侵入して現金などを盗んだなどとして、いずれも住居侵入と窃盗の疑いで本県など7県警の合同・共同捜査班に逮捕されるなどした。同署などは一連の事件について、男の認否を明らかにしていない。