脂が乗っている初ガツオ いわき・小名浜港で今年初の水揚げ

 
小名浜港に水揚げされたカツオ=12日午前7時30分、いわき市

 初夏の味覚カツオが12日、いわき市の小名浜港に今年初めて水揚げされた。昨年より約20日遅れたが、漁業関係者は活気づいた。酢屋(すや)商店(いわき市)の船団が11日の日中、東京・八丈島南方約110キロで約34トンのカツオを漁獲し、巻き網運搬船「第22寿和(すわ)丸」が小名浜港に水揚げした。カツオは重さ3~7キロの大型が中心で、1キロ当たり230~280円で取引された。

 同社の野崎太取締役(39)は「大きめだが、脂は乗っている」と話した。