ふたば未来高・三村さん全国弁論3位 障害者生きやすい社会訴え

 
全国3位の名古屋市長賞・名古屋市議会議長賞を受けた三村さん

 ふたば未来学園高3年の三村咲綾(さあや)さんは、名古屋市で3日に開かれた内閣総理大臣賞第76回全国高校弁論大会で全国3位に入賞した。

 大会は、1947年に第1回が開かれた伝統ある高校生の弁論の場として知られている。今回は、全国から応募があったうち、原稿審査を通過した16人で競われた。

 三村さんは「障がい者=映え?」と題し、難病や障害がある人を「何もできない人」と誤解する見方がある中、難病の人らが自分らしく生きていける社会づくりについて思いを語った。内容などが高く評価され、3位の名古屋市長賞・名古屋市議会議長賞を獲得した。