若松中心部でクマ捕獲 けが人なし

 

 会津若松市中心部の同市本町、城西町で14日午前5時30分ごろから、クマの目撃情報が相次いだ。通報を受けた会津若松署などは付近を捜索、同市本町の諏訪神社でクマを発見し、正午過ぎに捕獲した。けが人などはなかった。

 同市有害鳥獣捕獲隊によると、クマは同神社の裏側で発見され、麻酔銃を使って眠らせて捕獲した。体長は1メートル20センチ前後で雄とみられる。捕獲後は山に放たれた。