いわき市、5月30日から4回目接種開始 郡山市は6月上旬にも

 

 いわき市は17日、新型コロナウイルスワクチンの4回目接種を30日から開始すると発表した。対象となる60歳以上の市民に27日から接種券を発送する。

 対象者は約12万人。市内約120の医療機関での個別接種のほか、集団接種会場を6月3日からいわきグリーンベースに設ける。18~59歳の基礎疾患のある人は、3回目接種から4カ月後に接種券を発送する。

          ◇

 郡山市は6月上旬にも、新型コロナウイルスワクチンの4回目接種を始める。接種の対象者に同月から接種券を順次発送する。

 市が17日、市役所で開いた市新型コロナウイルスワクチン接種専門委員会で示した。4回目接種は、3回目接種から5カ月以上が経過した60歳以上と、18~59歳で基礎疾患がある人や重症化のリスクが高いと医師が認める人が対象で、市は約13万4千人を見込んでいる。

 3回目接種後に基礎疾患を発症したり、転入などで基礎疾患保有者の申請をしていなかった人は接種券発行の申請が必要になる。市は今後、市のホームページなどで申請方法を公表する。