郡山の比女性殺害、被告に懲役15年求刑

 

 郡山市のアパートで昨年7月、交際していたフィリピン国籍の女性=当時(32)=を殺害したとして、殺人罪に問われた同市朝日、建設作業員安住亮吾被告(34)の裁判員裁判論告求刑公判は18日、地裁郡山支部(小野寺健太裁判長)で開かれた。検察側は懲役15年を求刑し、結審した。判決公判は20日午後3時から。

 検察側は論告で、女性に別の女性との関係を解消するよう叱責(しっせき)され、逆上して事件に及んだと指摘。「動機は身勝手で酌量の余地はない」と述べた。殺害後、女性に安否を気遣うメッセージを送ったり、女性の携帯電話などを捨てた点には「偽装工作や証拠隠滅をし、保身を図った」と非難した。

 弁護側は最終弁論で、「女性に首を絞められ、パニック状態になり、正しい判断ができる状況ではなかった」と主張。捜査段階では容疑を否認していたが、起訴後は自白し、反省しているなどとして、懲役10年以下の判決を求めた。